コンポーネント

SAPの共同CEOであるTomorrowNow Dealに関する懸念がありました。

SAPの共同CEOであるHenning Kagermannは、現在閉鎖されているSAPの子会社であるTomorrowNowを買収したことによる法的影響について、ある時点でライバルベンダーのOracleによる訴訟に懸念を表明したとされる。

米国カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所にオラクルが提出した11月10日には、9月にカガーマンから寄託された寄託物の一部が含まれています。 Oracleの弁護士は、元SAPエグゼクティブ・ボードのメンバーShai Agassiが書いた2005年1月6日の電子メールを引用しています。

「今、私はこれをあなたに見せています。アガシさんが書いたのは、私があなたに尋ねたいと思う何かを報告してくれるからだ」と弁護士ジェフリー・ハワードは言った。 "彼は1月6日に[SAP従業員のJames Mackeyの]電子メールでデューディリジェンスの開始を発表する1週間前に書いています。つまり、Henning氏は法律をショーストッパと見なしています...あなたは1月6日現在合法的なものではないか」と述べた。カゲーマン氏は、「私は思い出していない」と証言した。

SAPが2005年2月に買収したTomorrowNowは、PeopleSoft、JD Edwards、SiebelなどのOracleアプリケーションに対するサードパーティのサポートを提供しました。オラクルは、2007年3月にトゥモローナウの労働者がオラクルのサポートシステムから資料を不法にダウンロードし、オラクルの顧客に訴求したと主張して訴訟を提起した。また、ベンダーは、SAPの理事会の知見により、

SAPは、2007年7月、TomorrowNowのスタッフが「不適切なダウンロード」を行ったことを認識しています。これは、コンピュータシステム上の基礎となるソフトウェアアプリケーションであり、トレーニング、顧客サービス、 OracleのWebサイトから入手したものですが、より幅広い違法行為のオラクルの主張を強く拒否しています。

11月10日に作成されたOracleには、TomorrowNowを買収するビジネスケースを紹介する内部SAPプレゼンテーションも含まれています。

「PeopleSoftソフトウェアへのアクセス権は、Oracleによって挑戦される可能性が非常に高く、過去の運用上の問題は、Oracle chすべてのビジネス・ケース・プレゼンテーションではある時点で述べています。

ハワード氏はカガーマンにビジネス・ケースについても質問しました。

「TomorrowNowの買収を承認する決定に参加した時点で、TomorrowNowのPeopleSoftソフトウェアへのアクセスが正当であることを個人的に確信していましたか?」Howardは尋ねました。 SAPの広報担当者は、コメントの要請に即座に応じなかったことを明らかにした。オラクルの広報担当者はコメントを控えた。