ウェブサイト

Elpida、DRAM Tech、台湾のProMOS

2つのチップメーカー間の取引は、PCメーカーが最近DDR3チップの不足を訴えていることから、グローバルPC業界にとって重要です。

AcerのCEO、Gianfranco Lanci世界で2番目に大きなPCベンダーであるAcerは、先週、DDR3を含む十分なコンポーネントを手に入れることができたため、第3四半期にPCの出荷台数を増やすことができたと述べた。

"価格面では、メモリはDDR3への移行のためだ」と述べた。 DDR3は、その前身であるDDR2(ダブルデータレート、第2世代)から市場を迅速に引き継いでいます。

ProMOSは、2010年上半期にElpidaのDDR3チップの生産を開始し、来年の後半に量産を開始すると発表した。 ProMOSに良い。台湾のDRAMメーカーは、台湾のDRAM業界を再編する政府の計画の下、統合の兆しが強まったと信じられている数少ない企業のひとつであった。

Elpidaとの合意により、ProMOSは、 ProMOSは、景気後退の影響により、「DRAM市場の最近の回復により、ProMOSは回復の道を歩んだ」と述べた。