コンポーネント

MicrosoftがMidori

インターネットがますますPCオペレーティングシステムの役割と仮想化技術の普及に拍車をかけている今、20年以上前から開発されてきたMicrosoft WindowsクライアントOSが時代遅れになる日が来るでしょう。 >マイクロソフトは、この日、Windowsが最初に考え出されたときに利用できなかった技術を利用する、コンポーネント化された非Windows OSを作成しようとするコードネームのMidoriという潜在的なプロジェクトを準備しているようだと、 >マイクロソフトは、ミドリが何であるかについては公表しないが、同社はそれが存在することを確認した。

この報告書は、接続システムの考え方に基づいて、ミドリをインターネット主体のOSとして描いているが、ローカルアプリケーションとそれが実行されるハードウェアとの間の依存関係は、今日の典型的なOSに存在しています」と報告しています。この報告書は、MidoriがMicrosoft ResearchのSingularity OSの派生物であり、アプリケーションとOS自体との間で、OSを実行できるようになりました。ハイパーバイザーを使用して仮想コンテナにOSやアプリケーション、さらにはPCデスクトップ全体のアプリケーションを実行できるようになりました。独立した技術アナリスト、Brian Madden氏は、「PCにネイティブにインストールされたアプリケーションはますます少なくなっています。彼は言った。 Madden氏は、将来のOSは実際にはハイパーバイザそのものであり、アプリケーションの仮想コンテナはその上を走っており、他のデバイスに簡単に移行できることを示唆している。彼は、ミドリについての情報は公開されていないが、アプリケーションやデバイス間の全体的な「つながり」を提供するインターネット中心のシステムとしての記述は、将来のクラウドコンピューティングとオンデマンドサービスです。マディン氏によると、マイクロソフト社は、実際の技術がまだ5年以上経過していても、この必要性を認識している可能性が高いとマディン氏は述べている。

実際、マイクロソフトは、新しいHyper-Vハイパーバイザーをベースにした仮想化戦略を、単にサーバーOSの仮想化だけではなく、強調してきました。これらのシナリオで仮想化を使用することで、アプリケーションの互換性に関する問題が解消され、Vistaユーザーには依然として頭痛を与えており、OSを作成している一部のWindowsパワーユーザーやエンタープライズ顧客のために恩恵を受けるのではなく、責任を負います。

Midoriが人々の考えに近いとすれば、それはWindowsユーザーのための「大きなパラダイムシフト」を表し、Microsoftがニューヨークのコンサルティング会社Twentysix New TechnologyのAndrew Brust氏は述べています。

MidoriのようなOSへの挑戦は、技術的な複雑さと、製品が存在しなくなる商業化への研究プロジェクト。ブラスト氏によると、同氏は、このような範囲と輸入量のものを豊富に揃えることを期待している」とブラス氏は話す。

ブラッド氏は、ミドリについてマイクロソフトから説明を受けていないが、マイクロソフトがWindowsを大幅に更新して、今日存在する新しいビジネスモデルとコンピューティングのパラダイム、特に企業がウェブ上のGoogleと競合するのを支援する。

「23年前に最初に出荷された製品の遺産を破ることは、製品を管理し、コンピューティングの最先端技術と同期させるという観点からは必要不可欠である」とブラスト氏は語る。ミドリ氏が真実でないとすれば、このような性質のものがまだ存在していなければならないと思うが、インターネット広告、検索、クラウドコンピューティング製品の取り組みとしてのマイクロソフトの生き残りには、