コンポーネント

マイクロソフトはわずかな成長率を示し、Outlookを下回る

Multiyear annuityの売上高は2009会計年度第1四半期のMicrosoftの売上高を9%上回ったが、金融アナリストには驚くことではなかった、危機が世界経済を捉えているため、同社は第2四半期のガイダンスを引き下げた。 9月30日に終了した第1四半期の売上高は150億6,000万ドルで、1株当たり利益は0.48ドルでした。いずれの数値も、トムソン・ロイターのアナリスト予想を上回り、第4四半期のEPSは0.47ドルと予想されていた。 >第4四半期全体の業績は好調だったが、マイクロソフトは第2四半期の業績予想を下回った。収益は173億ドルから178億ドル、希薄化後EPSからは0.51ドルから0.53ドルの範囲である。これまで、同社は第2四半期のEPSが0.55ドルで約180億ドルの収益を見込んでいたと述べています。マイクロソフトでは、木曜日の電話会議でこれらの変更に関する詳細を提供する予定ですが、アナリストは、アナリストらは、木曜日のマイクロソフトの財務諸表に先立ち、米国のIT支出が危機により遅くなり、PC単体の成長がコアになるとの懸念を表明したマイクロソフトのWindowsクライアント・ビジネスのドライバーであり、今年の10.3%の成長率を前提にしていませんでした」と述べています。しかし、第1四半期にはクライアントのビジネスがマイクロソフトの肯定的な結果の重要な理由でした。マイクロソフトは、顧客セグメントとMicrosoft Business and ServerおよびTools部門の組み合わせによる経常収益は、当四半期中に20%増加し、全体的な売上高の増加に大きく貢献したと述べた。