Windows

Apple E-mailキャッシュはAppleをKickbacksスキームに傾けた

Appleの事業に入札する際に競合他社に勝ったことと、先週の有線詐欺罪で起訴されたポール・シム・デバイン(Paul Shim Devine)に対する多くの主張に対して、この情報は、Devineのラップトップで見つかった電子メールキャッシュからのものである。

2005年7月、DevineはAppleにiPodとヘッドセット用の部品と材料を供給する企業と協力してグローバル供給マネージャーとしてAppleに加わった。 Appleによれば、Devine氏は、アジアで少なくとも6人のAppleの請負業者に提供したこのデータで、連邦告発と民事訴訟によれば、このデータは売り上げ予測、価格情報、未発売製品の仕様などの機密データにアクセスできるとしている。アップル社が提訴した訴訟である。

デボーンは月曜日にサンホセで法廷に出廷した。彼の弁護士であるラファエル・ゴールドマンは、無罪を主張する予定であると述べた。彼は水曜日に拘禁聴聞会が行われるまで、拘束されている。米弁護士のMichelle Kaneは、Devineは飛行リスクであり、保釈を受けてはならないと述べた。

Devineに対するAppleの調査は今年4月に始まった。この調査では、何が起きたのかは分からなかったが、アップルの調査担当者は、Microsoft社のEntourageデータベースの電子メールとDevine社のApple製ノートパソコンでのHotmailおよびGmailメッセージのキャッシュを発見した。

電子メールには、支払詳細と2006年10月に始まったシン・リョウ・モールド・マニュファクチャリングと呼ばれるシンガポールの企業との機密情報の提供が含まれていると、Appleは言いました。

Devine氏は多くの機会に、同社がAppleからビジネスを勝ち取ることを可能にした競合他社の情報をJin Liに送ったという訴訟があった。ジン・リー氏によれば、ジン・リー氏は、アップル社の買収に対して、デヴィン氏に約1百万ドルの手数料を払っていたと主張している(

)。 Appleが言ったJin Liの従業員は、15〜20%の手数料を取った。両氏はスプレッドシートで利益を得ており、アジアではDevineがAngへの支払いを合流させるという協議を行ったが、Appleの訴訟によると、Angは連邦告発でも名を連ねたが、

Appleの訴状に追加された両者の合意によれば、2007年2月以来、Devinsに月額6,000ドルの「コンサルティングサービス」を支払った韓国のCresynを含むAppleの訴訟では、 Appleは3年以上にわたって、未発表のiPodとiPhoneモデル、製品ロードマップ、販売報告、Cresynの競合他社が直面している問題の詳細について、Cresynの販売予測をパスしたと述べています。

Cresynは、そのような情報を電子メールで送るリスクは、2008年9月16日のDevineからCresynへのメッセージで強調されました。「Appleアカウントで電子メールを受け取りました。 Apple ITチームの電子メールは、予期されたコストと新しいモデル情報について疑わしい電子メール通信を電子メールで無作為にスキャンします」。

Devine氏は、内部のApple電子メールをイメージして送信しました

電子メールは、支払いが銀行や規制当局の注目を集めないようにするための措置も指摘している。

複数の銀行口座に少なくとも14口座に振り込まれた米国、韓国、シンガポールなどの国々の名前で、通常は10,000ドル未満の金額になると、Appleは言った。

デビッド氏は、「9月と10月の支払いを1回の電信送金で送信しないでください.1万ドルを超えるものは、あまり注目を集めることはできません」と、Devine氏は2007年10月5日の電子メールに書いていると伝えています。韓国の新韓銀行から注目されているが、不当なものではない」と述べた。デボン氏は、2009年12月17日に中国のカイザーに電子メールを送ったエレクトロニクス。

IDG News Service

のために、Martyn Williamsが日本と一般的な技術ニュースを扱っています。 @martyn_williamsでTwitterのMartynに従ってください。 Martynの電子メールアドレスは[email protected]です。