Office

Windows 10/8/7にグループポリシー管理コンソールをインストールする

この記事では、Windows 10/8/7にグループポリシー管理コンソールまたはGPMCをインストールする方法を説明します。 GPMCは、ITおよびシステム管理者がグループポリシーの実装を理解、展開、管理、トラブルシューティングしたり、スクリプトを使用してグループポリシーの操作を自動化することにより、Windowsシステムのグループポリシーの管理を簡素化します。エディタ(gpedit.msc)をグループポリシー管理コンソール(gpmc.msc)と混同しないでください。

Windowsリモートサーバー管理ツール

またはRSATをダウンロードしてインストールする必要があります。 。リモートサーバー管理ツールを使用すると、IT管理者はリモートコンピュータからインストールされている役割や機能を管理できます。サーバーマネージャー、Microsoft管理コンソール(MMC)スナップイン、コンソール、Windows PowerShellコマンドレットとプロバイダー、および選択したコマンドラインツールが含まれます。 ここからダウンロードできます。 Windows 8 | Windows 8.1 | グループポリシー管理コンソールのインストール

インストールしたら、システムを再起動し、コントロールパネル>プログラムと機能を開きます。左側から

Windowsの機能を有効または無効にする

をクリックします。 リモートサーバー管理ツール

の下の項目が表示され、デフォルトでチェックされます。 グループポリシー管理ツール チェックボックスがオンになっていることを確認してください。そうでなければ、OKをクリックします。 実行が終了したら、 gpmc.msc

と入力してEnterキーを押して、 グループポリシー管理コンソールを開きます Pro / Business / EnterpriseエディションのWindows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7およびWindows Serverを実行しているシステムを使用している場合にのみ、ドメインユーザー名でログインしてください2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008エディション。 明日は、Windowsでグループポリシーオブジェクトをバックアップおよび復元する方法を見ていきます。

Windowsのグループポリシーオブジェクトは、