ウェブサイト

ソーシャルネットワークを利用した従業員に対するインド産業の怒り

12.5%インドの従業員の生産性については、大部分の企業が日常的に失っていますが、ソーシャルネットワークでは大規模な業界団体が実施した調査によると、インドネシアの従業員は約1時間を費やしていますインドの関連商工会議所(ASSOCHAM)は、毎日、様々なソーシャルネットワーキングサイトで、日曜日にウェブサイトで語った。

従業員が営業時間内にアクセスするサイトやサービスには、Facebook、Twitter、GoogleのOrkutソーシャルネットワーキングサイトなどがあります。

インドの大都市で4,000人近くの従業員をランダムに調査しました。 > [さらに読む:最高のテレビストリーミングサービス]

調査によると、orkutアカウントを持っている労働者の77%が就業時間中にそれを使用しています。ソーシャムによると、従業員の約83%は就業時間中のサーフィンに何も悪影響を及ぼしていないとしている。 ASSOCHAMによれば、インタビューを受けた従業員の40%は、従業員が勤務時間中に社員にソーシャルネットワークへの完全なアクセスを許可していると答えているとASSOCHAMは報告している。バンガロールにあるソフトウェア会社のエグゼクティブ幹部は、辞任を命じた。ルールブックがソーシャルネットワーキングサイトや他のウェブサイトへの訪問を個人的に禁止するとしても、ほとんどの企業は技術を使ってそれらのウェブサイトへのアクセスを制御していないと主張している[

]しかし、これは新技術の疑惑に基づく過度の反応かもしれない、とアナリストらは指摘する。 Gartnerの主任研究アナリスト、Diptarup Chakraborti氏は、チャットが初めて導入されたときと同じ反応を見せていたことを誇りに思っていました。

すべてのケースでソーシャルネットワークに費やす時間を無駄だと定義するのではなく、 Chakraborti氏は、この技術をマーケティングなどの活動のために活用することで、生産性の観点と企業情報の保護の両方から技術の悪用をコントロールすることはもちろん必要だと付け加えた

インドの多くの企業が、ソーシャルネットワークを使って製品やサービスを宣伝し、製品やサービスについて話し合うフォーラムに参加し始めたとChakraborti氏は付け加えた。これには、IT企業だけでなく、伝統産業の大企業も含まれている、と彼は述べた。