ウェブサイト

IBMがクラウドに仮想デスクトップを置く

デスクトップ仮想化により、企業は従業員のデスクトップOSとアプリケーションを中央サーバ上の仮想マシンにホストすることができ、シンクライアントやデスクトップPCのWebブラウザを使用してアクセスすることができます。デスクトップソフトウェアの管理を一元化し、どのコンピュータからでも企業アプリケーションにアクセスできるようにすることで、労働者のモバイル化を実現します。しかし、デスクトップの仮想化は実装するのが複雑であり、多くのIT部門はまだそれをやるスキルを持っていません。

IBMは、大中規模の企業向けサービスであるIBM Smart Business Desktop Cloudを使用して、これらの課題に対処することを目指しています。

このサービスにより、従業員のデスクトップ・イメージを作成し、ノースカロライナまたはドイツのIBMデータ・センターにアップロードすることが可能になります。 IBM Smart Business Desktop Cloudのプロダクトマネージャー、リック・モーガン(Rick Morgan)は次のように述べています。「私たちは、デスクトップ仮想化を使用して、より迅速に前進できるインフラストラクチャを顧客に提供しようとしています。

IBMは独自のデスクトップ仮想化ソフトウェアをほとんど持っていないため、VMwareのESXiハイパーバイザー、Citrix SystemsのHDX接続ブローカー、Desktoneの仮想デスクトップインフラストラクチャーソフトウェアを使用して「ベスト・オブ・ブリード」製品を構築しています。 Wyse Technologiesのシンクライアントを使用してシステムをテストしたが、顧客はあらゆるタイプのクライアントコンピュータを使用できると述べている。

IBMはカスタムベースでクライアント用のホストシステムを構築してきたが、月額固定料金でデスクトップ仮想化パッケージを構築すると発表したが、サービスが販売される前に価格を公開することはない。処理能力とメモリの必要量に応じて、月額ベースでデスクトップごとに課金されます。また、Taneja Groupの業界アナリスト、Jeff Boles氏は、IBMからのサービスにより、より多くの企業がデスクトップを仮想化できるようになる可能性がある、とMorgan氏は述べています。 「大企業は、IBMの規模を抱えている人がいれば、これに慣れてくるだけで快適になるだろう。だから、この提供は非常に魅力的なものになると思う」と彼は言った。

サービスはかなり標準化されたデスクトップコールセンターなどの画像を使用していて、すでに何らかのタイプのホステッドデスクトップ管理サービスを使用しているとBoles氏は述べています。 IBMがデスクトップイメージをホストし、仮想化されたサーバーとストレージを管理する一方で、顧客は引き続き継続することができます

「顧客が成熟した認証およびデータ管理スキームを持っていれば、それをすべて委託することなくそれらを使用することができます」と彼は述べています。顧客は、サービスを使用するために少なくとも50台のデスクトップにサインアップする必要があるとIBMは述べている。 Morgan氏は、デスクトップをIBMのデータセンターにホストしたくない企業には、規制やその他の理由により、ハードウェアを顧客のサイトに提供して管理するとしている、とMorgan氏は述べている。