ウェブサイト

IBMはデータセンターの追加、アジアのクラウド・コンピューティング・ラボ

IBMは木曜日に韓国に新しいデータセンターを開設し、ニュージーランドのオークランドにクラウドコンピューティングとITサービスの需要の急増に対応するため、

IBMは、これら3つの施設におけるIBMの総投資額は約1億ドルであると、香港のクラーク・コンピューティング・ラボの開設を発表した。クラーク・コンピューティング機能を提供する新しいデータセンターに引き続き投資し、クラウド・コンピューティングをサポートするために既存のデータセンターをアップグレードすると、Larkin氏は述べています。

IBMは、来年2月までに新しいdatを発表する予定です

オークランドのデータセンターは2010年までに稼動し、IBMは今後10年間で約5700万ドルの投資を行う予定です。 IBMはイースト・タマキのHighbrook Business Parkにデータセンターを配置する予定。

56,000平方フィートの施設には16,000平方フィートのデータセンターが含まれるとIBMは述べている。

このセンターは、ニュージーランドとアジア太平洋地域の近隣諸国でIBMの顧客をサポートするとLarkinは述べています。

ソウルは、アウトソーシング契約を締結した20人以上の顧客に、戦略的アウトソーシング、eビジネスホスティング、災害復旧などのITサービスを提供するとIBMは述べている。

香港のクラウド・コンピューティング・ラボは、LotusLiveメッセージングの開発、テスト、テクニカル・サポート、およびサービス提供に重点を置いた開発およびサービス・センターであり、IBMはグリーン・テクノロジーを使用して構築されています。 LotusLiveは、ビジネスのための統合されたオンライン・コラボレーション・ソリューションとソーシャル・ネットワーキング・サービスの集まりです。

IBMの10番目のクラウド・コンピューティング・ラボであるこのラボは、香港の企業であるOutblazeの電子メール技術と専門知識を基盤にしています。資産はIBMによって今年初めに取得され、Lotusのブランドのコラボレーション・サービスに含まれています。

この研究所は、5,000人以上の開発者を抱えるIBM中国開発研究所の一部です。