ソフトウェア

HPは、「極端な」スケールアウト・コンピューティングの新しいサーバーを設計する

HPは、大規模なデータセンターを運営する企業からより多くのビジネスを得るための広範な取り組みの一環です。火曜日に、HPはその地域の製品とサービスを新しいブランドのExtreme Scale-Outポートフォリオに分類し、SynapSenseからワイヤレスセンサー機器をデータセンターの監視用に再販すると発表した。

[さらに読む:サービス]

新しいProLiantサーバは、HPが外装メタルケースの多くを取り除き、ブレードサーバのように見せかける「スキンレス」設計と呼んでいます。サーバーボードには冷却を最適化するための新しいレイアウトが用意されているため、HPは各サーバーの背面に4台の大型ファンを使用し、各サーバー用に1台ではなく、低速でファンを稼働させることができます。冗長電源や高度な管理ソフトウェアなどの大規模なインターネット企業では必要とされないことがよくあります。 HPのScalable Computing and InfrastructureグループのゼネラルマネジャーであるChristine Martino氏は、「多くの場合、これらの企業は自らソフトウェアスタックを所有しており、必要な高可用性と管理機能を備えているため、基盤となるハードウェアには必要ありません。

HPによれば、その結果、消費電力は28%削減され、「標準」ラックマウントサーバの1/3以下になります。 HPは、SLシステムを「ブレードサーバ以来の最も重要なフォームファクターの革新」と呼んだが、これは最初のベンダーではないがスケールアウト・コンピューティングのための新しいサーバーを設計する。 IBM、Rackable Systems(現SGI)とVerari Systemsはすべて、Webスケールのデータセンター向けの特殊システムを販売しています。昨年導入されたIBMのiDataPlexは、2つのサーバーラックのスペースを占める冷却を最適化する珍しい設計です。 HPは、対照的に、標準的なラックマウント型サーバ設計に近づいていたとForresterのアナリストJames Statenは述べています。彼はこう述べています:「このシステムを購入する人々の大多数は、1000台購入しているので、独自のものなしにラック全体で一貫性を持たせたいだけです」と彼は述べています。 HPマーケティングディレクターのスティーブ・カミングス(Steve Cumings)氏によれば、3つのProLiant SLモデル(すべて深さ2インチ)を使用していますが、構成が柔軟であることを強調し、 I / O集約型のアプリケーションで、最大128GBのDDR3メモリが搭載されています。 SL170zは、3.5インチのドライブ6台を収納できるストレージ中心のシステムです。また、最大のコンピューティング密度を実現するSL2x170zは、4つのクアッドコアプロセッサを42個のラックに合計672個のプロセッサコアで収容できます。

SLラインは、HPの他の高密度システムを置き換えるのではなく、 、ProLiant 2x220cブレード、およびStorageWorks 9100をサポートしています。HPは、大規模なデータセンターを運用するための製品とサービスの "総合的な"提供者になりたいとMartinoは言います。 Martino氏によると、故障したハードウェアを交換するための週1回の現場でのメンテナンスを行っているため、HPはこれをオプションとして提供している。

HPは、SynapSenseセンサー装置をHP環境エッジとして販売します。データセンター内の温度や湿度などの変数を監視して、企業が温かい空気と冷たい空気が混合している地域などの非効率性を識別できるようにします。