ソフトウェア

スキャンされた書籍の価格に関するライブラリを提供するGoogle

ミシガン大学は、昨年、Googleが訴訟を提起した作家と出版社との昨年の和解提案に続いて、Googleとの本スキャン契約を修正する最初の図書館となった。

ミシガン大学の電子書籍にアクセスするための購読料を支払うことができます。 Googleはこれらの手数料を設定するため、ミシガン大学は手数料に挑戦することができ、両当事者は仲裁の不一致を和解することになる。

10月に合意された和解合意に続いて、GoogleとAuthors GuildとAssociation

電子書籍にアクセスするための手数料は段階的に決定されるため、ハーバードのような機関が支払う可能性がある

公立図書館や大学図書館では、スキャンした図書の全カタログを1台のコンピュータから無料で見ることができるようになります。

Googleは、ミシガン大学などの書籍スキャン契約に署名した他の研究者を支援するため、少なくとも500万米ドルを寄付する予定ですこのような大規模なデジタルブックのカタログによって可能になりました。ジョンソン氏は、「学者、コンピュータ科学者、言語学者に多大な研究機会を提供している。」と述べている。ジョンソン氏によると、著者らのグループとの和解が裁判所の承認を得た場合、ミシガン大学にすべての書籍Googleは世界中の29の図書館からデジタル化している。

この契約には、障害を持つ人々が書籍にアクセスできるようにするためのサポートが含まれており、デジタルコピーが改善される予定である。また、Googleがビジネスを廃止したとしても、書籍のデジタルコピーは引き続き利用できるように、セーフガードを規定しています。さらに、Googleは書籍の横に広告を表示するためにドアを開いたままにしています。書籍検索でサイト運営者が提出した書籍と同様の方法で広告を表示します。

和解はまだ米連邦地方裁判所ニューヨークの南地区には、その批評家がいます。カリフォルニア大学バークレー校のパメラ・サミュエルソン教授は、提案された和解は本質的にいわゆる孤立した作品を収益化する方法であり、その取り決めがそのような作品の作者の利益を代表するものであるかどうかは疑問だと主張する。

非営利団体のConsumer Watchdogは、この提案は孤児の著作物に対する訴訟に対して特別な保護をGoogleに与えると主張しています。孤児の著作は誰も所有権を主張していないものです。これらの特別な保護は、他の潜在的なGoogleの競合企業が同様の保護を交渉することができなければ、デジタルブックビジネスに参入することを阻止する、と同グループは主張している。 DOJは問題を議論していないが、問題に近い人物は最近、DOJが提案された和解についての情報を求める初期段階にあるとIDG News Serviceに確認したが、正式な調査を開始していない。