ウェブサイト

Google、著者、出版者は和解を解決するための月を取得する

Google、Authors Guild、Association of American Publishers(AAP)は、作者と出版社のグループが著作権侵害訴訟を解決するための合意を改正するために、デニー・チン(Denny Chin)裁判官は、11月9日までに両当事者に対し、現行の形態で米国司法省やその他の批評家によると改訂された合意書を提出するよう声明を出した。

> 1年前に提出された当初の合意は、著名な作家、出版社、学者、および競合他社からの批判を受け、Googleに書籍価格を設定するにはあまりにも多くの権限を与えていると感じた。

[さらに読む:テレビストリーミングのベストサービス]

対戦相手が米国を氾濫させたため、批評家は計画が "孤児の作品"を処理する方法を批判した。ニューヨーク、南部地方裁判所に異議を申し立てると、Google、Authors Guild、およびAAPは彼らの提案された合意をしっかりと擁護したが、DOJが反対したときに最終的に辞任した。

先月の裁判所DOJは、提案された協定が、米国の著作権および独占禁止法、ならびに集団訴訟の和解の承認を管理する連邦民事訴訟規則23を遵守するように改訂すべきだと述べた。

日後、Google、著者ギルドとAAPは、今日予定されている最終的な公正公正審理を延期して、DOJの懸念に対処するための合意を修正するよう裁判官に尋ねた。

裁判官は要求を認め、

「裁判所の指針に感謝し、今後の進展を楽しみにしています。 Googleは、過去と聴聞会で述べたように、同協定の一部の修正案を検討している」と述べた。Googleの広報担当者は、水曜日に電子メールで報じた。

「裁判所が承認すれば、米国で出版されている数百万冊の本にアクセスできるようにすることを目指している」と付け加えた。

訴訟は、書籍作家と著者作家が集団訴訟を提起した2005年に始まり、 AAP会員の代表として5件の大手出版社が訴訟を提起した。

Googleは、著作権所有者の許可を常に得ずに、主要な図書館から何十万もの書籍をスキャンするプログラムを通じて、Googleが大量の著作権侵害を行ってきたと主張している。

Googleは、その書籍の検索エンジンが、著作権で保護されている本の短いテキストの抜粋のみを表示するため、「公正使用」の原則で保護されていると主張しています。 9>元々の和解提案 - 長くて複雑で幅広い文書 - Googleは、著者と出版社が著作権で保護された書籍をより長く表示することを許可していたが、Googleは1億2500万ドルを払うことに同意した。 >この契約はまた、書籍や書籍のオンラインアクセスを購入者に許可する権利をGoogleに与え、書籍権利登録の確立を通じて著作者や出版者に報酬を与えるロイヤリティシステムを設定した。