コンポーネント

Forresterは'08年にIT支出を示しているが、'09年には注意を払うと述べている。

今月のリーマン・ブラザーズやメリルリンチを含む投資銀行の爆発はIT支出に多少の影響を与えるだろうが、Bartelsによると、全体の経済情勢はもっと気になるものだ。同氏によると、投資銀行を含むウォール街のIT支出の18%が約6%から8%を占めているという。 Bartels氏によると、これはメリルリンチが米国の総IT支出の大部分を占めているにもかかわらず、いくつかの大手銀行の失敗はIT支出の一部を消滅させるには不十分であると指摘した。例えば、メリルがITに費やしていた金額は消滅しないだろうと、バンク・オブ・アメリカに吸収されているという。 Bartels氏によると、リーマンは売り切れているので、銀行のITシステムの一部は引き続きサポートされているため、同じことが言えます。

しかし、銀行の失敗は波及効果をもたらすと彼は言った。 Bartels氏は、「銀行危機は、経済全体のストレスと緊張を悪化させる。例えば、信用市場が逼迫するにつれて、企業の資本支出のために資金を借りることは難しくなります。

Forresterは、今年第4四半期と2009年上半期にIT支出の伸びが減速し、再び回復すると予測しています。 Bartels氏によると、PCと周辺機器の使用率は、昨年の5.5%から今年は2.5%に低下し、6.6%に戻っているForresterによると、2009年の成長率は、通信機器の支出は、昨年の4.8%から今年の6%に増加し、来年は3.7%に減少するだろう。ソフトウェア支出の伸び率は、昨年の11.9%から今年は7.1%に低下し、来年は7.9%に達します。アウトソーシング以外のITサービスへの支出は、昨年の5.1%から今年は5.8%、2009年は6%に増加する。

IT購入は無期限に延期することはできない、とBartels氏は指摘する。フォレスター氏によると、2010年のIT支出総額は10.1%増加するはずだ。