コンポーネント

前のIntel World AheadのエグゼクティブがNComputingに加わります

インテルの世界先進国プログラムでは、MicrosoftのUnlimited Potentialプログラムを運営していたWill PooleとNComputingの元One Laptop Per Child(OLPC)のLindsay Petrilloseが加わりました。 Pooleは現在NComputingの共同議長を務めており、数十人以上のユーザーが単一のコンピュータを共有できるようにする仮想化ソフトウェアとデバイスを販売する同社の政府業務を監督している。

中国のインテルで3年間働いていたBeckfordは、 NComputingが政府やパートナーとの緊密な関係を構築して、低コストのコンピュータを教育などの不十分な市場に持ち込むのに役立ちます。同氏は、「新興市場に焦点を当てる」と述べた。同氏は、NComputingのビジネスモデルの背景には、複数のユーザーが1台のPCの生の力を利用してコストを削減し、消費電力を削減できるという前提がある。 Intelの反対側は、すべてのユーザーが、強力なマルチコアプロセッサ、好ましくはチップメーカー自身が製造したプロセッサを搭載したコンピュータを持っているべきだと考えている。

Beckfordは冗談で、彼が「Kool-Aid」インテルの10年であるが、NComputingとその低コストコンピューティングへのアプローチは、新興市場で破壊的な力になる可能性があると述べている。

「シンクライアントのコンセプトは明らかにインテルのビジネスモデルに対する脅威である」とBeckford

しかし、1990年代にオラクルが導入したネットワークコンピュータや、Advanced Micro Devicesのパーソナルインターネットコミュニケータなどのほとんどのシンクライアントデバイスは、PCの性能と機能が不足しているため、インテルのビジネスにとって脅威ではありませんモデル。

NCom 「PCコンピューティングでは、PC上でできることを何でもできるようにするために、実質的にシンクライアントであるソリューションがあります」と、PC内のプロセッサははるかに強力であると付け加えました

さらに、NComputingの製品は、座席あたり70〜100ドルのコストで、現在の景気後退がIT部門の大幅な縮小を余儀なくされた場合でも、政府がコンピューティング予算を拡大し、

「このような危機は、本当に堅実な製品、戦略、イノベーションを持つ企業がより強く出てくるところである」と彼は述べた。