Windows

Windows 8.1でユーザーの固定開始画面レイアウトを強制または指定する

昨年の Windows 8 で紹介された目立つ機能であった 開始画面 は、今すぐに開始画面コントロールを使って開始画面の固定レイアウトを指定します最近リリースされたアップデート Windows 8.1 のおかげで受信して更新しました。 開始画面をスワイプし、 開始 または アプリ モードで表示できます。技術的には、 Windows 8.1 では、 開始画面のレイアウトを制御することもできます。今日この記事では、Windows 8.1で新しい 開始画面コントロール 機能を使用して固定レイアウトを取得する方法を説明します。

開始画面コントロール

上に示した Windows 8.1 で開始画面を選択すると、タイルをグループ化してグループに名前を付けることができます。たとえば、左側に「ネイティブアプリ 」というグループを、右側に「エンターテイメント」 というグループを作成しました。固定レイアウトと呼ぶことができます。つまり、このレイアウトだけが必要なのです。つまり、ユーザーは変更を加えることができません。

Windows 8.1

1. Windows PowerShell を管理者として開き、次のコマンドを貼り付けますコマンドを使用して、上記の 開始画面 レイアウトをXMLファイルにエクスポートします。 Export-StartLayout -path -As XML

ここで、上記のコマンドで、出力XMLファイルを格納する場所。これを

Group Policy Editor で生成されたXMLファイルとして使用する必要があります。 -As 部分を含まない場合、出力はバイナリファイルになります。これはGPOでは意味がありません。 Internet Explorer

でXMLファイルを開き、コーディングを表示できます。 2. グループポリシーエディタ

を開きます。 Windowsキー+ R を押し、 gpedit.msc Enter キーを押して入力します。 ローカルグループポリシーエディタ ウィンドウで、 ユーザー構成 - >管理用テンプレート - >スタートメニューとタスクバー 3. を表示します。

Start Screen Layout

ウィンドウで、 Enabled を選択します。 ステップ1

で生成されたXML出力ファイルの場所を貼り付けます。 適用 OK の順にクリックします。 ローカルグループポリシーエディタ を閉じ、エクスプローラ を再起動して変更を確認します。このポリシー設定は、ユーザーの開始画面レイアウトを指定します。ユーザーの開始画面レイアウトを指定し、ユーザーが構成を変更できないようにします。指定する開始画面レイアウトは、Export-StartLayout PowerShellコマンドレットによって生成されたXMLファイルに格納する必要があります。この設定を使用するには、まず、デバイスの[スタート]画面レイアウトを目的のルックアンドフィールに手動で設定する必要があります。作業が完了したら、同じデバイスでExport-StartLayout PowerShellコマンドレットを実行します。コマンドレットは、構成したレイアウトを表すXMLファイルを生成します。この設定を無効にするか、または設定しないと、開始画面のレイアウトは変更されず、ユーザーはカスタマイズすることができます。 これが完了すると、開始画面 今ロックされています。このようにして、 開始画面 のレイアウトは固定になります。