コンポーネント

日本のMacの誠実さのために、iPhoneのキューイングが始まる

佐野博行に、iPhoneは単なる携帯電話だと伝えてみてください。名古屋出身の24歳の大学生は、金曜日の朝、日本で最初に象徴的な携帯電話の販売を開始する日本のソフトバンクのコンセントの外で73時間待つことになる火曜日に始まった。

Appleのスティーブ・ジョブズ氏が2007年1月のMacworldカンファレンスで初めてこの機種を発表した1年以上前に始まった.Appleは世界中で何百万ものものを販売していたが、

「iPhoneが発表されたとき、私はSteve Jobsの基調講演を見て、素晴らしい製品のように思った。 Apple Tシャツを着ていた佐野さん。

[詳しい読書:すべての予算で最高のAndroid搭載携帯電話。 ]

日本で使用されているWCDMA(広帯域符号分割多元接続)システムをサポートする3Gモデルでは、最終的に1つを得るチャンスがあります。

待っていた人の中には、UEIの最高経営責任者(CEO)それはiPod TouchとiPhoneのためのソフトウェアを作る。

「昨年のMacworldでの基調講演を見て初めてとても興奮していたので、私たちは1年以上待っていました。シミズの同社は、同じWi-Fiホットスポット内で他のプレイヤーと遊ぶことができる古典的な「ポン」ゲームの変形を含むいくつかのiPod Touch用アプリケーションを開発しており、グラフィックスプログラム。彼はちょうどiTunes Storeに「UEI Pong」ゲームを提出し、数日後にUS $ 0.99でソフトウェアの販売を開始したいと考えている。

新しい携帯電話で最初にやることは、

Sano、Shimizuを始めとするいくつかの人々が、火曜日の日に東京のファッショナブルな原宿地区に集まり始めたが正式なラインは形成されなかった夜まで。その時点で、国民は、日本でそのような質問を決めるための一般的な方法であるペーパーロックソーサーのゲームを使用して注文を整理することに決めた。そして佐野は一位を獲得した、と彼は言った。それらのキューイングの安全を確保し、店舗外の繁忙な歩道が塞がれていないことを確認するために、店の外に駐屯しています。また、メディアは注目を集めており、水曜日に待っていたテレビやカメラのクルーたちも賑やかになっている。

iPhoneは原宿のSoftbank店で金曜の午前7時に東京で正式に発売される。ソフトバンクの他の店舗やエレクトロニクス小売店では、その日の後半に販売が開始される予定です。