コンポーネント

2009年の125型フレキシブルプラズマディスプレイ

125インチディスプレイは篠田プラズマが開発した独自のプラズマアレイ技術を使用して製造され、最初のスクリーンは公開ディスプレイアプリケーションを対象としています。

「このディスプレイは、基本的にはプラズマディスプレイ技術に基づいているが、それは非常にユニークな技術だ」と、9月に日本で開かれたFPD国際展示会でのプロトタイプが発表された。

大型の柔軟性のないガラス板をスクリーンにするのではなく、プラズマアレイスクリーンは、わずか0.1ミリメートルの壁しかない薄いガラス管を使用しています。チューブの内部構造は従来のプラズマディスプレイパネルの構造に似ていますが、チューブの使用はスクリーンが薄いだけでなく3m×1mのプロトタイプがわずか1mmの厚さであることを意味します。同社が技術を守っているかどうかを示す指標として、ディスプレイ展示会で訪問者が画面に近づきすぎるのを防ぎ、ジャーナリスト以外の誰も写真を撮っていないことを確認している警備員を雇った。

その大きさと柔軟性のために、パネルは軽く、体重は約1.4キログラムです。また、最大600ワットの電力を使用しており、これは従来のプラズマディスプレイパネルで作られたディスプレイアレイの半分以下であると、石本氏は説明している。画面のサンプルはすでに製造企業にあり、商用バージョンは4月に予定されている

しかし、まだあなたの居間の壁でそれを望んではいけません。プロトタイプの解像度は960ピクセル×360ピクセルと比較的低く、公共情報ディスプレイには適していますが、標準解像度テレビでもそれ以下です。

篠田プラズマは、富士通の開発を中止することを決定した際に、プラズマディスプレイパネル。富士通は同社株式を保有していないが、富士通は流通チャネルとなっている。西日本の神戸を拠点にしています。