コンポーネント

日本で3月に行われるファイナルファンタジーXIIIデモ

日本のゲーム出版社であるスクウェア・エニックスは、週末に東京で開催されたイベントで、いくつかの新しいタイトルをファンに紹介しました。閉幕「DKΣ3713」に出席したおよそ1,500人のファンが、「ファイナルファンタジーXIII」シリーズの3つとゲームのデモのニュースを含むホットゲームの最新の予告編を見る機会を得ました。

「ファイナルファンタジーVIIアドベント・チルドレン・コンプリート」のアニメーションタイトルのBlu-ray Discパッケージには、「ファイナルファンタジーXIII」のデモが含まれているというニュースが最大のニュースです。スクウェア・エニックスは、来年3月にデモ版でパッケージ化された映画のハイ・デフ版を発売する予定です。 「ファイナルファンタジー対XIII」と「ファイナルファンタジー・アゲイトXIII」の予告編も収録されており、ファイナルファンタジーファンの必需品となっている。

これは、日本以外のゲーマーにとって、国はブルーレイディスクのビデオリージョンコードを米国と共有しており、ゲームは通常地域ロックされていません。それで、イーベイがあなたのエンジンを始める - これは輸入市場のホットアイテムになるだろう。

ゲーム自体については、「ファイナルファンタジーXIII」が2009年に日本で発売されると、スクウェア・エニックスは言った。

Square Enixは、最近のロサンゼルスのE3ショーで「Final Fantasy XIII」もXbox 360プラットフォームに登場するというニュースで注目を集めました。ゲームのXbox 360版に関する詳細は発表されていないが、コンソールは日本で3位となっているが、同社はプレイステーション3のためにゲームが最初に開発されることをファンに安心させようとしたプレイステーション3のバージョンが完成した後でのみ、チームはXbox 360版で作業します。

ゲームの壮大な予告編に加えて、ホームムービー開発した野村哲也氏が撮影したビデオも展示されました。ビデオでは、彼はFFXIII開発チームの4人のメンバーと話し合い、試合の仕事について冗談を言った。このビデオから抜粋した抜粋の中には、10月の東京ゲームショウでSquare Enixがいくつかの声優を発表し、そのキャラクターの開発がほぼ同時に完了するというニュースがありました。それはTGSでの試合の試合デモを除外するように見えるでしょう。

ゲームが行われる世界の一部も表示され、巨大です。開発者の間では、デモに世界のどれだけ含めるべきかについての議論があり、ノムラはゲーマーがそのサイズのために世界の中で容易に迷子になるかもしれないという心配を表明した。

他のニュースでは、「Final Fantasy Agitoプレイステーション3に加えて「XIII」が出現し、「ファイナルファンタジー対XIII」の予告編は、「プレイステーション3は世界的に」という行で終わった。