コンポーネント

FBI:米国サイバーターゲットを目指す複数の国家

米連邦捜査局サイバーディビジョン担当副局長のショーン・ヘンリー氏は述べている。ヘンリー氏は国名を拒否したが、米国のサイバーターゲット水曜日の記者会見で「重大な脅威」となった。 FBIは数千件のサイバー犯罪調査と組織化されたサイバー攻撃を行っているとHenryは述べていますが、この調査では、 FBIのサイバー犯罪について過去9年間オン・オフを調査している人物です。

ヘンリーは、政府機関や米国企業に、サイバー脅威がどこから来ているのかと、彼らの守る方法については心配するよう、政府機関や米国企業に奨励した。データとネットワークを提供しています。 "彼らは、ネットワークに関する情報とネットワークへの進入について懸念する必要があります。 「情報がなくなれば脅威俳優はそれほど重要ではないはずだ」情報を盗んだアイオワ州の子供であれば、テロ組織に引き継ぐことができる」と述べた。

Henry彼のブリーフィング中に特定の数字を出すことから離れていたが、サイバー犯罪を犯すボットネット(コンピュータを侵害したネットワーク)の使用が増加していると彼は言った。ボットネットはフィッシング詐欺メールの送信、悪意のあるコードの拡散、コンピュータネットワークの攻撃に使用されていると同氏は述べている[

]。FBIはまた、従来の組織犯罪グループもWebへの移行を含む重要な組織犯罪を見ている。お互いに会う犯罪ハッカーのグループとWeb上の犯罪を計画している。テロリスト団体が米国の電力網や航空管制システムを標的にしたかどうかを問うと、ヘンリーはこれらの部門を選別することを拒否した。 「米国に最大の影響を及ぼしながら、何らかの被害をもたらすことに関心のある当事者がいる」と述べた。ヘンリー氏はまた、サイバー犯罪と戦うための政府全体の取り組みについて話した。 1月に、ジョージブッシュ米大統領は包括的全国サイバーセキュリティイニシアチブと呼ばれる取り組みを開始した。多くの細部は分類されているが、FBIは米政府内外のサイバーセキュリティを向上させるために米国土安全保障省と他の機関と密接に協力している、と主張した。サイバー脅威について、そしてトップ米国の労働者をサイバーセキュリティ分野に募集している、とヘンリーは述べた。ヘンリー氏によれば、米国はサイバーセキュリティの分野で「優位性を失っている」とヘンリー氏は指摘している(

)。FBIはサイバー犯罪やサイバー犯罪に関する情報源を調整し、その情報は政府と民間部門の間で共有されている、とヘンリーは述べた。