コンポーネント

イーサネット上のファイバーチャネルで議論するファンと議論者

)今年のStorage Networking World Europeは、FCoE(Fibre Channel over Ethernet)に注目しています。しかし、SANベンダーは、FCoEをファイバーチャネルの到達範囲と寿命を延ばす方法として宣伝していましたが、疑わしいと懐疑的なのは、おそらくシスコのトロイの木馬であっても、ライバルのネットワーキングサプライヤであるBrocade Communicationsを撃退しようとしていました。 10G bps(ビット/秒)以上のファイバチャネルストレージトラフィックを伝送するための仕様ドラフト。 FCoEは、イーサネットを介してストレージトラフィックを伝送するライバル方式のiSCSIとは異なり、今日のファイバーチャネルSAN(ストレージエリアネットワーク)と管理ツールを活用しているため、ストレージ管理者には非常によく知られています。

SANのスペシャリストEmulexのシニアプロダクトマーケティングディレクター、Joe Gervais氏は説明します。 "我々はこれらのコンバージドネットワークアダプタを、彼らはスーパーセットであるため、CNAs、 "と彼は言った。 「1枚のカードは、顧客が物理的に小型のサーバと1台のネットワークスイッチを使用できることを意味しますが、SANインフラストラクチャはこれまでと同じに見えます」と同氏は付け加えました。エンタープライズ戦略グループのシニアアナリスト、スティーブ・デュプレーシー氏は、「ファイナンシャルチャネルのハードウェアを増やすことなく、追加のサーバーをファイバーチャネルSANに接続することができます。新しいサーバをFibre Channelに接続する場合は、HBAを挿入します。なぜ新しいカードが必要ですか? 「

」FCoEの大ファンでも、FCoE対応のストレージサーバを初めて開発したCuleサプライヤEmulexとQLogic、Cisco、NetAppを含めても、既存のサーバだけにアピールすると言われていますFCoEは新しいCNAと並んで、データセンターイーサネット(DCE)をサポートできる新しいスイッチが必要だと指摘した。これにより、帯域幅の優先順位付けと輻輳管理のプロトコルが追加され、イーサネットをロスレスにすることができ、データパケットが失われることはありません。 "インフラを落とすことができれば、コスト削減の可能性は常にあります。 「FCoE」コンポーネントのコストがかかります。そして、新しいケーブルが必要だと誰かが言及しましたか?」

DCEは、10Gbpsで、今日の100Mbpsまたはギガビットのほとんどで動作しないためですイーサネットケーブルを使っていた。彼は言った。

シスコのモチには懐疑的すぎるves。シスコは最近、最初の商用FCoE対応スイッチNexus 5020を発表しました(BrocadeはフランクフルトでFCoEスイッチを実証しましたが、2009年に仕様が承認されるまで製品を発表しないとしていました)が、その関心ははるかに広がっています。 >例えば、ロスレスDCEはFCoEだけではなく、NAS(ネットワーク接続ストレージ)やiSCSIにも非常に役立つだろうと、シスコのコンサルティングシステムエンジニアUlrich Hamm氏は述べています。

Steve Duplessieは、FCoEがイーサネットベースのプロトコルであるかどうかにかかわらず、シスコの長期目標は、ファイバチャネルをハードウェアインフラストラクチャとして取り除くことです。 「CiscoはBrocadeをもう必要としていません」と彼は述べています。