Car-tech

エイサーはイーマーンを脱出し、ポストPC時代にゲートウェイとパッカードベルに転向

Acerは、PC市場の減速に対応するため、eMachinesユニットGatewayとPackard Bellの「PCを超えた」新製品を提供するために再集中しました。今週の初めに、AcerはGateway、eMachines、Packard Bell製品を含む資産の価値の喪失に関連して1億2010万ドルブランド。同社は米国に焦点を当てたeMachinesブランドを中止すると発表しましたが、GatewayとPackard Bell製品は引き続き提供しています。 "コンピュータ機器は、外出先や家庭の両方で新しい方法で使用されるため、Gateway Acerの広報担当者、リサ・エマード氏は、木曜日の電子メールで、

[詳細を読む:最高のPCラップトップのためのピックアップ]

Emardはコメントしなかったどのような種類の製品がGatewayブランドとPackard Bellブランドで提供されるのでしょうか。しかし、新しいコンピューティング環境には、新しく異なる使用モデルやフォームファクターが含まれており、Acerはゲートウェイとパッカードベルに引き続き投資し、過去にPCを超えたと考えられていたさまざまなデバイスを販売する予定です。製品には錠剤が含まれる可能性があり、PCへの代替コンピューティングデバイスとしてますます使用されています。スマートTV、メディアストリーミングボックス、スマートフォンなどの他のデバイスも、Webブラウジング、Netflixなどのサイトからの電子メールやストリーム映画の制作に使用されています。

Acerは2007年にゲートウェイ向けに71000万ドルを支払って、資産。 Gatewayは2004年にeMachinesを、2007年にPackard Bellを買収しました。Packard Bell製品はヨーロッパ、中東、アフリカで販売されていますが、Gatewayのラップトップ、デスクトップ、ディスプレイはアメリカ大陸とアジア太平洋地域で販売されています。世界中のPC、タブレット、スマートフォン、サーバー、ネットワークおよびストレージ製品を幅広く提供しています。しかし、同社の主要事業は依然としてPCを中心に展開しており、IDCによると、2011年第4四半期の全世界出荷台数は前年同期比6.4%減少しています。エイサーは、ヒューレット・パッカード、レノボ、デルに次ぐ第4位のPCベンダーであり、出荷台数は約7百万台で、前年同期比28.2%の減少となった。今後もeMachineブランドの製品は販売されないが、そのウェブサイトは顧客サポートのために生き続けると、Emardは言った。 Gatewayは2008年にウェブサイトを通じてPCの販売を中止し、サードパーティーのオンラインストアや小売店を通じて固定構成の製品を販売しています。

Acerはすべての買収で膨大な企業になりました。最新の動きは過剰脂肪IDCのリサーチディレクター、David Daoudは述べています。

Acerは買収を調整し、マルチブランド戦略を推進していた元CEOのGianfranco Lanci氏が2011年に退社して以来、運用調整に問題がありました。 Daum氏は、「eMachinesは、何年も前にエントリーレベルのPC市場で好調だった」と語った。しかし、顧客はそれらの製品から離れた。

同社は現在、元に戻って既存の顧客が望むものを見なければならないとDaoud氏は述べている。 Gatewayは最終的にはタブレットを提供することができるが、スマートフォンが混在しているのを見るのは難しいとDaoud氏は話す。

Acerの動きは、PC企業がより単純な製品を提供する大きな傾向の一部でもある。

Acerの市場シェアは減少しているが、台湾のAsustek社のPC出荷台数は前年同期比5.6%増と好調に推移している第4四半期には、両社はトップネットブックベンダーだったが、苦労しているAsusの数は増えていたが、Acerは旗を立てている。

AcerとAsusは異なる管理スタイルを持ち、Asusのチームはより積極的で柔軟性があり、Acerのチームは反応が遅いとDaud氏は述べています。

Asusもチャネルパートナーによって尊敬されています。同じ、Daoudは言った。 AsusはTaichiのような革新的な製品でも評価されていますが、Acerはもっと注意深いものです。 Asusは、VivoTab RTタブレットのような製品でWindows 8とRTを取り入れたいと思っていましたが、Acerは製品をリリースする前にOSの動作を見ています。

"Acerにとっては、 "Daoudは言った。