Car-tech

Acer's Aspire TimelineX 1830T-3721は滑らかで魅力的ですが、人間工学に優れています。

TimelineX 1830Tは、AMD Athlon II Neoをベースにした300ドル近くのネットブックであるAcerのAspire 721と物理的には同じです。同じ11.6インチ、1366×768解像度のカラーディスプレイを備えています。しかし明らかに、721は1830TとCore i5-430UMのパフォーマンスには触れません。インテルのCPU、4GBのDDR3 RAM、500GB、5400rpmのハードドライブを搭載したテストラップトップは、PCWorld LabsのWordBenchテストで76点を獲得しました。残念ながら、統合されたインテルHDグラフィックスGPUはビデオでうまくいっていましたが、ゲームフレームレート(1秒あたりのフレーム数)は10代でした。これはネットブックよりも優れていますが、まだ再生できません。 1830Tは入力エルゴノミクスです。これは驚くべきことですが、同社のネットブックは一般的に平均以上です。キーボードは大きく、さっぱりとした感触があり、よく使われるキーはすべてフルサイズです。しかし、それはデッキにわずかに窪んでおり、時にはそのデッキの唇に当たるスペースバーが少し問題になります。

[詳細を読む:最高のPCラップトップのための私たちのピック]

フロントデッキスペースが同じでないことは、スペースが少なくて済むことを意味します前面から背面へ)、タッチパッドを上下に動かしているときに、より多くのストロークに変換されます。また、デッキのスタイリッシュだがややざらざらしたテクスチャが水平に走っているため、スワイプの感触が違ってきます。キーボードを半インチほど後ろに持ち上げて唇の上に持ち上げると、1830Tの使い勝手が変わり、タッチパッドをわずかに押し込み、ラップトップに小さなレーキを与えることになりました。

3ポンド、TimelineX 1830TはDellの2.2ポンドのLatitude e4200(はるかに高価なユニット)のようなウルトラポータブル機器ほど軽くはないが、まだまだ持ち運びが容易であり、ほとんどのウルトラポータブル機器と同様に、オプティカルドライブもありません。ポートは通常、小型ラップトップではわずかな配列です(USB 2.0ポート×3、HDCP対応HDMI×1、VGA×1、ギガビットLANポート×1)。 NワイヤレスとBluetoothは、有線以外の通信にも搭載されており、カメラなどから画像を取り込むための5-in-1カードリーダーもあります。

TimelineX 1830Tの音声は、飛行機で聞いても間違いない。しかし、音は鮮明で、イヤホンを介してダイナミックレンジがよく見えました。 HDビデオの再生 - ネットブック上でTimelineXシリーズが提供する余分な馬力を選択する理由の1つは、720p、1080p、ローカル、オンラインのいずれのソースであっても非常にスムーズでした。 11.6インチのスクリーンは真の1080pを行うための解像度を持たず、過大な視野角に対応することはできませんが、それにもかかわらずイメージはうまく描写されました。

Aspire TimelineX 1830TはWindows 7 Home Premium 64ビットとデスクトップ上には少しのアイコンの落書き(eBay、Norton Online Backup)がありますが、DVDを再生するCyber​​linkのPowerDVD 9(USBオプティカルドライブを接続する場合)やDVDを再生する場合など、 rips。

TimelineX 1830Tは、平均的なユーザーが持ち運びが可能で持ち運びに便利なパッケージで、毎日のパフォーマンスを提供します。しかし、スタイルや小さなフォームファクタの探求では、Acerはユーザビリティの面であまりにも多くを犠牲にしたかもしれません。キーボードとタッチパッドの煩わしさは小さく見えるかもしれませんが、長期的に不満足な経験につながる可能性があります。