Car-tech

欧州の債務不安の中で第2四半期のAcer収益が減少

第3四半期の世界最大のPCベンダーの1つであるエイサーは、第1四半期と比較して第2四半期の売上が減少したと報告した。

第2四半期の売上高は、前年同期比26%増の1,520億台湾ドル(47億米ドル)となったが、第1四半期のNT $ 1,161億台湾ドルから7%減となった。エイサーの第2四半期純利益は35億9千万台湾ドルであった。

声明のなかで、エイサーはユーロの為替レートの下落を受けて第1四半期の売上高が減少したと非難した。また、エイサー社は、利益率を維持するために、収益性の低い商品を一部売却したとの見通しを示した。

エイサーの収益の大半は、ギリシャ、スペインなどのソブリン債務不安が第2四半期に浮上した欧州、ユーロが他の主要な世界の通貨に対して価値を落としている。第1四半期には、欧州がエイサーの収益の50%を占め、27%は米国、残りはアジア太平洋地域の大半を占めています。

売上高の減少、外貨減価償却費および部品コストの上昇にもかかわらず、第1四半期のNT $ 3.29十億台湾ドルと比較して、純利益は明るくなった。

6月、Acerのエグゼクティブは、部品供給が逼迫しているなど、5年ぶりのことであり、PC業界では非常にまれなイベントです。