Car-tech

Office 2013で10個の新機能が追加されました。

これは、野心的なOSを展開し、「新しいオフィス」と名付けられた生産性スイートを洗練させるため、マイクロソフトにとって非常に忙しい時期です。このスイートの核心は、デスクトップアプリケーションであるOffice 2013です。変更には、Windows 8の外観、機能の改善、SharePointとSkyDriveとの結び付きを反映した洗練された外観が含まれています。また、Office Web Appsのさまざまなコンポーネントがクラウドの生産性を向上させますが、Windows 8 Surface RTタブレットは独自のOffice機能を提供します。

Office 2013デスクトップソフトウェアは、小規模企業だけでなく、消費者に新たに公開されているOffice 365サブスクリプションの一部としても利用できます。今月はメーカーに出荷されたが、最終版は2013年前半になるまで顧客に届きません。サブスクリプションベースのOfficeのプレビュー版は、 >あなたはアップグレードする予定ですか?新しいWord、Excel、PowerPointのプレビューで今までの私の経験に基づいて、10の機能が役立ちます。

[詳細:最高のテレビストリーミングサービス]

1。現代的なスタイルのインターフェイス

Windows 8で見られるようになる「現代的」(以前は「メトロ」)スタイルのインターフェイスに合わせて、Office 2013が新たに登場しました。古いインタフェースを装飾した色の複数の色合いと、3つの次元を示唆する影と影がなくなっています。その代わりに、Windows 8の開始画面ですべてが最小限でフラットになり、タイルを忠実に模倣します。軽い唯一のヒントは画面の右上隅にあるウォーターマークデザインに存在します。新しい外観は、あなたの画面を飾るオブジェクトに気を取られるのではなく、あなたの仕事に集中するのに役立ちます。再設計がこの目標を達成するかどうかは、どちらかといえばわかります。私は確かにきらきらとした表情が好きです。

清潔な近代的な外観がOffice 2013全体に見えます。開始画面

各アプリケーションは、Wordの場合は青、Excelの場合は緑、PowerPointの場合はオレンジ、パブリッシャの場合は緑で新しい色分けされた開始画面をサポートします。他のアプリケーションの開始画面と同様に、Wordのものは最新の文書のリストを表示します。空白の文書を作成するのがデフォルトですが、代わりにテンプレートを選択したり、オンラインでテンプレートを検索したり、

他の文書を開く

をクリックしてディスクまたはSkyDriveフォルダ内の文書を検索できます。これらの画面は、新規ユーザーがより簡単に自分の道を見つけるのを助け、経験豊富なユーザーはスタートアップ時に1つの場所ですべてのオプションを持つことができます。画面の右上には、現在ログインしているSkyDriveアカウントの詳細が表示されます。 新しい開始画面には、ドキュメントを起動するためのさまざまなオプションが表示されます。 SkyDriveの統合 Office 2013は、特にSkyDriveとSharePointとのクラウドとの統合を目的としています。ほとんどの中小企業や個人が依然としてファイルをローカルに保存していますが、どこからでもアクセスできるように作業をオンラインで保存することをお勧めします。 SkyDriveを使用すると、アカウントの詳細がすべてのアプリケーション画面の左上隅に表示されます。また、開始画面にも表示されます。アカウントを切り替えて管理するには、アカウントの詳細をクリックします。ドキュメント、ワークシート、またはプレゼンテーションを保存すると、アプリケーションはデフォルトでSkyDriveアカウントに保存されますが、必要に応じてローカルディスクに保存できます。

Office 2013アプリケーションのデフォルトはSkyDriveまたはSharePoint に保存されます

4。デバイス間の同期

オンラインでOfficeドキュメントを保存すると、PCやタブレットのOffice 2013、またはWebアプリケーションを介して、任意のデバイスからいつでも他のユーザーが利用できるようになります。マイクロソフトでは、Word、Excel、OneNote、およびPowerPoint用のWebアプリケーションを、最新のModernスタイルの外観とOfficeアプリケーションのカラーコードでアップグレードしました。さらに、Word、Excel、およびPowerPointは、保存する前に作業していた最後の場所を文字、セル、またはイメージに保存します。この機能を使用すると、最後に使用したデバイスとは異なるデバイスでファイルを開いた場合でも、作業を中断した場所を簡単に取り出せるようになります。

Word、Excel、およびPowerPointは、最後に作業していた場所を追跡し、ファイルを再度開いたときにこの位置を表示します。

5。タッチスクリーンの使用

新しいOffice 2013の一部の機能は、タッチスクリーンでの作業を容易にするために設計されています。 Wordの新しい読み取りモードでは、読み取りビューで文書を開き、指で水平方向にスワイプして文書をスクロールできます。タッチスクリーンモニタを搭載したデスクトップでは、この動作を従来のページナビゲーションモードに戻すことができます。各アプリケーションのプログラムロゴの右側にあるクイックアクセスツールバーの

タッチモード

ボタンをクリックすると、リボンツールバーはアイコンをさらに広げ、指にアクセスしやすくなります。しかし、Officeのタッチ統合は多少不安定です。さまざまな機能にタップ、ピンチ、ストレッチ、スライド、スワイプなどのジェスチャーを使用できます。しかし、24インチのタッチスクリーンモニターでは、残念ながら、テキストフォーマットのアイコンが小さすぎて正確に使用できませんでした。今すぐ、スイートはタッチスクリーンデバイス上で使用できますが、これは正しい方向の一歩ですが、まだタッチフレンドリーではありません。

Word 2013の新しい読み取りモードはタッチスクリーン向けに最適化されています。指でスワイプすることで、水平方向にナビゲートできます。 6。 PDF編集 過去にWord文書をPDFファイルとして保存できましたが、これまでDocやDocX形式に変換せずにWordでPDFを編集することはできませんでした。新しいWord 2013は、PDFファイルを開いてそこで編集し、DocXファイルまたはPDFとして保存することができます。 Wordで開くと、ファイルはテーブルなどの要素の場合でもPDFファイルの構造を保持します。この進歩は、単にPDFを開いてすぐに作業できる多くのユーザーにとって、大きなプラスになるでしょう。

Word内のPDF文書を開いて、別の形式に変換せずに編集できます。 PowerPointでの作業ウィンドウの書式設定

PowerPointで画像、図形、その他のオブジェクトを書式設定する方が直感的です。画像を右クリックして

画像の書式設定

を選択すると、その画像で使用できる書式オプションが表示されます。別のオブジェクトをクリックすると、タスクペインのオプションが変更され、そのオブジェクトで使用可能なオプションのみが表示されます。

PowerPointの新しい作業ペインでは、書式設定機能が画面に永久に表示され、簡単に見つけてアクセスできます。

8。簡単なグラフ作成

以前のバージョンのExcelで多数のチャートオプションが混乱しているユーザーには、新しい推奨グラフ機能が便利です。グラフ化するデータを選択し、 挿入>推奨グラフ をクリックして、プログラムがデータに対して推奨する線、棒グラフ、円グラフなどのオプションを表示します。各フォームをクリックすると、そのフォームのデータがどのように表示されるかをプレビューできます。グラフを選択して作成すると、右上に小さなアイコンが表示され、グラフ要素、スタイル、色、チャートデータ自体を操作できます。

Excelの推奨グラフツール選択したデータを分析し、データを表示するための適切なチャートを提案します。

9。その他のグラフィックスオプション

Word、PowerPoint、Excel、Publisher、およびOutlookの場合でも、リボンツールバーの[挿入]タブにある新しいアイコンを使用して、ローカルPCまたはさまざまなオンラインソースから画像を挿入できます。オンラインオプションには、Officeクリップアートコレクションのオンライン、Bing検索、または自分のSkyDriveまたはFlickrアカウントからの画像の挿入が含まれます。 (Flickrアカウントにアクセスするには、まずOfficeに接続して接続する必要があります。) オンラインソースからOffice 2013アプリケーションに直接画像を検索してインポートすることができます。アカウントログイン Office 2013アプリケーションのBackstageビュー([ファイル]タブからアクセス)には、「アカウント」(Outlookの「オフィスアカウント」)という新しいタブが含まれています。ここでSkyDriveアカウントにログインしたり、アカウントを切り替えることができます。また、TwitterやFacebookなどの接続されたサービスの一覧を表示し、LinkedInやSkyDriveなどのサービスを追加することもできます。 Officeアップデート領域には、利用可能なアップデートのステータスに関する情報が表示されます。

をクリックします。

Backstageビューの[Account]タブを使用して、SkyDrive、Facebook、およびTwitterなどのリンクされたアカウントを追加および管理できます。

更新オプションを有効または無効にして、Office 2013更新の履歴を表示します。

Elsa Wenzelによる追加報告書